So-net無料ブログ作成

日経平均続落、主力株軒並み下げる [株]

 30日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続落で始まった。下げ幅は200円を超える場面があり、節目となる1万7000円割れが視野に入っている。29日投開票の参院選における自民党の惨敗や、前週末27日の米国株急落を嫌気した売りが先行しており、主力株は軒並み安の展開。東証株価指数(TOPIX)も続落。    参院選で自民党は改選64議席から37議席に後退する歴史的な惨敗を喫した。安倍晋三首相は続投の意欲を示しているが、衆参のねじれなどを背景に今後の政局混乱が予想されており、嫌気した外国人などの換金売りが先行しているとの見方が多い。    また、サブプライム(信用力の低い個人)向け住宅ローン問題を嫌気した米株式相場の下落も止まっておらず、前週末の米ダウ工業株30種平均は208ドル下落した。投資マネーの収縮などを受けて円相場も高止まりしており、主力の輸出関連株はほぼ全面安となっている。〔NQN〕(09:20)    そして、下げる どこまで?


2007-07-30 10:42  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。